• ホーム
  • カラコンの疑問
  • 芸能人モデルのカラコン
  • おすすめ通販サイト

眼障害


若い女性を中心に圧倒的な人気を誇るカラコンですが、不適切な使用を続けていると眼障害を引き起こす可能性があります。
ここではカラコンの使用によって起こる危険性のある眼障害について説明しましょう。

カラコン装着による眼障害とは?

カラコン装着による眼障害にはドライアイや角膜に傷がつくなどが症例数としては多いです。
ではどうしてカラコンを装着すると眼障害を起こす危険性があるのでしょうか?
それは角膜への酸素供給が不足した状態になるからなのです。
角膜への酸素がきちんと行き届いていない場合、角膜は傷つきやすくなってしまいます。
カラコンはレンズで角膜全体を覆うことになりますので、酸素が供給されにくく、特に厚みのあるカラコンでは酸素透過率が低くなる傾向があります。

眼障害を起こさないために気を付けたいこと

カラコン装着によって起こる眼障害の発症頻度を少なくするためには、まずは使用する時間を短くすることです。
次にカラコン使用時間が短ければ短いほど、角膜や目にかかる負担は少なくなります。
いくらかわいく盛れるからといって、朝早くから夜寝る前までずっと使い続けてしまうようなことはやめましょう。
最後に自分の目に合ったカラコンを選ぶことです。
カラコンは矯正用コンタクトレンズと同様、ベースカーブと度数を測り、それに合ったカラコンを選びます。
しかしデザイン重視で、カラコンの大きさやベースカーブなどを考えずに購入を決める女性が増えているのです。
ベースカーブが合わないカラコンを使っていると、目にフィットしにくく、ズレが生じたり、角膜を傷つけやすくなったりします。

眼障害の中にはアメーバや緑膿菌などに感染するケースがあります。
アメーバ菌、緑膿菌どちらも視力を低下させるなど、視力障害が残ってしまう可能性があります。
また症状がひどい場合には失明してしまう可能性も否定できません。
少しでも痛みや違和感があれば、そのまま放置するのではなく、まずは病院へ診察にいきましょう。
早期発見、早期治療につながれば視力低下もしにくく、失明の危険性もありませんよ。