• ホーム
  • カラコンの疑問
  • 芸能人モデルのカラコン
  • おすすめ通販サイト

フチありとフチなし


カラコンには様々なデザインがあり、フチありのものとフチなしのものがあります。
ではフチあり、フチなしでどのように印象が変わるのでしょうか?
その違いについてご紹介しましょう。

フチありカラコンとは?

フチなしカラコンは、レンズ外側部分にフチがないため、黒目になじみやすいというメリットがあります。
カラコンと白目の境界線が付きにくく、カラコンをしています!と強調しすぎないので裸眼のような印象を与えることができるでしょう。
フチありカラコンに比べると、目を大きく見せるデカ目効果は少ないですが、ナチュラルに目を大きく見せることはできます。
またうるうるした魅力的な目を演出することも可能です。
ナチュラルなフチなしカラコンはつけていても、周囲にバレにくいため、学校や仕事先、バイト先などで装着しても問題になりません。
ハデなメイクやファッションは苦手でナチュラル系が好みという方には、フチなしカラコンがおすすめでしょう。
またカラコン初心者には、フチなしカラコンの方が違和感なくつけられるかもしれません。

フチなしカラコンとは?

フチありのカラコンは、コンタクトレンズのカラー部分の一番外側に黒いラインが入っているデザインになります。
瞳のフチを強調させることができるので、目をより大きく見せる効果があります。
つまりフチありコンタクトはデカ目に盛れるデザインなのです。

メイクで目を大きく見せなくても、フチありカラコンを付ければメイクをしているかのようなデカ目になれるでしょう。
ただフチがあることで、瞳をしっかり強調するため、カラコンを付けていると周囲にバレやすいです。
学校や職場などでカラコンNGの場合にはあまりおすすめできません。
フチありのカラコンと一言でいっても、フチの太さは商品によって異なります。
フチが太いものもあれば、細フチのカラコンもあります。
またカラーバリエーションに関しても、黒フチが一般的ですが、ナチュラルに盛りたい時にはブラウンカラーのフチが自然に仕上がるのでおすすめですよ。