• ホーム
  • カラコンの疑問
  • 芸能人モデルのカラコン
  • おすすめ通販サイト

サンドイッチ製法


カラコンにはサンドイッチ製法とキャストモールド製法の2種類の製造方法があります。
ここではサンドイッチ製法について詳しく紹介しましょう。

サンドイッチ製法とは?

カラコンの製造方法の中でもサンドイッチ製法は古くから用いられてきた方法です。
レンズとレンズの間に色素を挟み込む製造方法なので、サンドイッチ製法と呼ばれています。
断面はレンズ+色素+レンズの状態になっているので、角膜に色素が直接触れることはありません。
そのためサンドイッチ製法で作られたレンズは安全と言えるでしょう。
薬事法が改正される前、カラコンは規制が緩く、粗悪品が市場に多く出回っていました。
海外製のカラコンの中には色素が流れて出てしまい、角膜に傷をつけたり、ダメージを受けたりする事故が絶えませんでした。
しかしサンドイッチ製法で作られたカラコンは、法律改正前から安全性が高いと評価されており、長時間使用していても色素が流れてトラブルを起こしたというケースは少ないです。
レンズに厚みがあるので、破れにくく、扱いやすいというのもサンドイッチ製法のメリットと言えます。
初めてコンタクトレンズを扱うという人は、レンズに厚みのあるサンドイッチ製法のカラコンの方が、取り扱いは楽でしょう。

安全性を重視するならサンドイッチ製法、つけ心地を重視するならキャストモールド製法

カラコンにはサンドイッチ製法以外に、レンズ基盤に色素を混ぜこんで作るキャストモールド製法と呼ばれる製造方法もあります。
このキャストモールド製法で作られたカラコンはサンドイッチ製法のレンズに比べて厚みが薄く、つけ心地がよいと言われています。
そのためつけ心地を重視する人はキャストモールド製法のカラコンを、安全性を重視する人はサンドイッチ製法のカラコンを選ばれる方が多いです。
それぞれの製造方法にはメリット、デメリットがありますので、安全性を重視するのか、使い心地を重視するのかをしっかりと考えてからカラコンを購入するとよいでしょう。