• ホーム
  • カラコンの疑問
  • 芸能人モデルのカラコン
  • おすすめ通販サイト

キャストモールド製法


カラコンには大まかに分けてキャストモールド製法とサンドイッチ製法の2種類があります。
カラコンを購入する際には、この製造方法もチェックして選ぶとよいでしょう。
ここではキャストモールド製法について詳しくご紹介していきます。

キャストモールド製法とサンドイッチ製法の違いとは?

カラコンにはキャストモールド製法とサンドイッチ製法の2つの作り方があります。
キャストモールド製法は、レンズの基盤となる素材と、カラコンの色味である着色料を混ぜてからレンズを作る製法になります。
サンドイッチ製法は、サンドイッチの要領でカラコンのレンズとレンズの間に色素を流し込んで作る製法になります。
以前はサンドイッチ製法しかなかったカラコンの製造方法ですが、最近ではキャストモールド製法によって作られたカラコンも増えてきています。

キャストモールド製法のメリットとは?!

キャストモールド製法のレンズは着色料を混ぜ込んで作られているので1枚のレンズになっています。
一方サンドイッチ製法は2枚のレンズの間に色素を入れ込んでいますので、レンズの厚みがどうしても分厚くなってしまいます。
レンズに厚みがあると、つけた時に違和感があります。
キャストモールド製法は一般的にコンタクトレンズと同じく、薄いレンズなのでつけ心地はよいでしょう。
またレンズが薄ければ薄いほど、酸素の透過率は高くなります。
酸素が眼球に届かないと、目は酸欠状態になり、良くありません。
酸素透過率で考えてみるとキャストモールド製法の方が、サンドイッチ製法よりも優れているといえるでしょう。
キャストモールド製法は眼球に色素が触れてしまうのでは?と考えてしまいがちですが、色素に対してポリマー素材が壁となって角膜に触れないように作られているので安全性は高いと言えます。

つけ心地重視の方はキャストモールド製法がおすすめ

キャストモールド製法の特徴は何といってもレンズの薄さとつけ心地の良さです。
つけ心地を重視したい、目がゴロゴロするのはイヤという人は、キャストモールド製法のカラコンをおすすめします。