• ホーム
  • カラコンの疑問
  • 芸能人モデルのカラコン
  • おすすめ通販サイト
カラコン通販サイトランキング > カラコンの疑問 > カラコンを付けて寝ることの危険性

カラコンを付けて寝ることの危険性


カラコンは装着するだけで、簡単に瞳を大きく見せることができる魅力的なアイテムです。
しかし使用方法を間違えてしまうと、目のトラブルを引き起こす可能性が高くなり、最悪の場合は失明する危険性もあるのです。
ここではカラコンを付けて寝ることの危険性について考えてみましょう。

カラコンを付けて寝ることの危険性とは?

カラコンを付けて寝ることは非常に危険です。
これはカラコンに限らず、透明の矯正用コンタクトレンズでも同じことが言えます。
このような行為は絶対にやらないようにしなければなりません。
ではカラコンを付けて寝るとどうなってしまうのでしょうか?
まずカラコンを付けて寝ると、翌朝起きた時に目が異常なほど乾燥しています。
目が乾燥している状態なのでカラコンが眼球にピタっと張り付いてしまい、なかなか取ることができません。
1日中レンズがついた状態になってしまうのですから、目は乾燥してしまい、角膜へ酸素が透過されないため、角膜が傷つきやすくなり、目の痛み、ゴロゴロ感がひどくなります。

カラコンを付けて寝てしまった時どうやって対処する?!

カラコンを付けたまま寝てしまうと、涙に含まれているたんぱく質が凝固し、翌朝起きて目を開けた時に視界が真っ白にぼやけてしまうことがあります。
また目の乾燥がひどくなり、ドライアイを引き起こしてしまうことも。
カラコンを付けて寝てしまった時には、無理にレンズをはがそうとする角膜が傷ついてしまう危険性もあるため、慎重に外す必要があります。
目に潤いがなく、レンズが剥がれない時にはコンタクトレンズ用の目薬をさして、潤いを与えてからカラコンレンズをとると、無理なく外すことができるでしょう。
カラコンを外した後も、目の乾燥が気になる、痛みやゴロゴロ感があるといった場合には、すぐに眼科医へ相談してください。
カラコンを付けたまま寝るのは絶対によくありません。
自宅に帰ったら、すぐにコンタクトレンズは外し、目を休ませてあげることが重要でしょう。