• ホーム
  • カラコンの疑問
  • 芸能人モデルのカラコン
  • おすすめ通販サイト
カラコン通販サイトランキング > カラコンの疑問 > カラコンとサークルレンズの違い

カラコンとサークルレンズの違い


目を大きくするためにメイク感覚でカラコンを付ける女性が増えてきていますが、近年ではカラコンとともに人気を集めているのがサークルレンズ。
ここではカラコンとサークルレンズの違いについて説明していきましょう。

サークルレンズとは?

サークルレンズはカラコンの一種とイメージしがちですが、実際には別物です。
眼科で取り扱いのある矯正用コンタクトレンズ、ジョンソン&ジョンソンのワンデーアキュビューには、ワンデーアキュビューディファインと呼ばれるサークルレンズがあります。
このサークルレンズはフチに黒や茶色などの色がついており、瞳につけると黒目を大きく見せることができるため、目力をアップさせる効果があります。
サークルレンズは瞳を大きく見せることを目的に作られたコンタクトレンズなのです。

カラコンとサークルレンズの違い

カラコンはカラーコンタクトの略であり、瞳の色を変えることを目的に作られたコンタクトレンズです。
カラコンの色は茶色やグレーなどのナチュラル系から、赤、青、緑、紫などビビッドなカラーまで幅広く揃います。
一方サークルレンズは瞳の色を変えるのではなく、瞳の大きさを変えることを目的に作られたコンタクトレンズです。
黒や茶色など瞳になじみやすいナチュラルカラーが基本であり、赤や黄色など派手な色は存在しません。
黒目の色に近いカラーになっているので、つけたときに違和感なく、黒目とうまく混ざってくれるため、自然にデカ目効果が得られます。

若者に人気なのはサークルレンズ

カラコンは瞳の色が一気に変わるので、コスプレや外国人風になりたい方におすすめです。
一方サークルレンズは、仕事場や学校に装着してもバレにくく、目を大きく見せるためにメイクの一環で装着する方が増えています。
近年ではカラコンの中にサークルレンズという種類があるという位置づけで販売されている商品も増えています。
初心者の方、目を大きく見せたいという方には派手な発色が人気のカラコンよりも、サークルレンズの方が人気を集めています。