• ホーム
  • カラコンの疑問
  • 芸能人モデルのカラコン
  • おすすめ通販サイト
カラコン通販サイトランキング > カラコンの疑問 > カラコンで目が悪くなる理由

カラコンで目が悪くなる理由


カラコンは若者から大人世代まで性別を問わず多くの人に使用されているおしゃれアイテムの1つです。
高度管理医療機器であるカラコンは使用方法を間違えてしまうと、視力低下や眼障害などを起こしてしまう危険性もあります。
ここではカラコンで目が悪くなる理由について考えてみましょう。

カラコンで視力低下するって本当?!

カラコンには度ありと度なしのものがあります。
度ありのカラコンは透明の矯正用コンタクトレンズと同様、視力矯正するためのレンズになります。
度なしのカラコンは矯正用ではなく、目を大きく見せたいなどおしゃれ目的での使用になります。
つまり視力が悪くない方もカラコンを使用しているのです。
しかし視力に問題がない人でも、間違ったカラコンの使い方をしていると、目が悪くなる危険性が大いにあります。

カラコンで目が悪くなる理由とは?

カラコンを付けて目が悪くなるのは、間違った使用方法や取り扱い方をしているためです。正しい使用方法で安全に装着している場合は、視力低下が起こることはありません。
カラコンで目が悪くなる理由の1つが目に大きな負担がかかっているためです。
例えばカラコンを長時間使っていると、目への負担は大きくなり、角膜への酸素透過率が低下してしまいます。
またカラコンのレンズサイズが大きい場合も、黒目全体をレンズが覆っている状態になり、角膜への酸素供給を遮断してしまうのです。
目にきちんと酸素が行き届かなくなると、細胞が死滅したり、角膜に傷がついたりすることも。
目にダメージを受けることで視力が低下してしまうのです。

カラコン装着で視力低下しないために気を付けておきたいこと

カラコンを付けて視力を低下させないためにできることと言えば、まずは品質的に問題ないカラコンを使うことです。
高度管理医療機器に認定されてからは海外製の粗悪品はほとんど出回らなくなりましたが、ゼロではありません。
国内産の厚生労働省の認可を受けたカラコンを選ぶべきです。
またレンズサイズの大きいものは目への負担が非常に大きいです。
一般的なカラコンのレンズサイズは14mm~14.5mm程度と言われていますが、最近ではデカ目盛りできるカラコンとして15mm~16mmと大きいサイズの商品が人気を集めています。
しかし安全に使いたい、視力を低下させたくないという場合は、通常サイズの方がおすすめですよ。